今の仕事は続けていきたいと迷っていました

私の友達に看護師がいるのですが退職するかしないかで迷っているとたずねてきました。

最近、結婚したのですが土日祝祭日も仕事なので、土日休みの夫と休日が合わなくて、顔を合わせる機会が少ない生活が多いそうです。

子供も欲しいし、でも、今の仕事は続けていきたいと迷っていました。どの職場であっても残業をすればきちんと残業代が出るのは当然のこととなります。
しかし、看護師の場合、状況次第では残業代が出ないことがあります。

特に転職をしてきたばかりで新しい医療現場にまだ慣れていない時は、なかなか残業申請をしにくいムードなのです。
看護師の職場での労働環境改善につなげるためにも、残業代がしっかりと受け取れるようにする必要があります。転職情報サイトの看護roo!で利用できる対象が看護師のコミュニティサービスも、先輩看護師の助言や看護師の旬な話題がいろいろ掲載されているので、すごく人気です。

また、看護師の疑問や質問、それから、その答えもこのコミュニティなら読むことが可能ですので、かなり参考になるはずです。
看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体調を崩してしまうならば、日勤のみが可能な職場もあります。重要なポイントとして、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働く看護師と比べて収入が少なくなることがほぼ確実なのです。
現在の年収を下げてまで転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことは極力、放射線を浴びないようにすることです。X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、注意するに越したことはありません。同様に、薬にも病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、軽く考えない方が良いでしょう。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。
必ず適度な休憩を取るようにします。
引っ越しで、看護師が転職しなければならない際は、土地カンのないところでの転職先探しがとてもしんどいです。職場環境をはじめとして、その土地での評判などを自分で全て調査するのは難しいと思います。近くの市町村で探す際も、自分の期待に合った転職先を探すと、想像したよりも求人情報が少ないことに、愕然とすることもよくあります。どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているということも、しばしば言われるようですが、どうやら、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。
一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。
日常的にそんな環境に接しているといい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。首都、そして、周辺の地域の求人情報に特化していて知名度が高いのが、看護roo!です。

取り扱っているお仕事情報の数もかなり充実しており、そのたくさんの情報量にもみなさん、満足されているのでしょう。
お仕事情報がたくさんあるということは、それだけ転職をすることができた方もたくさんいるということになります。

高齢化社会が進み、福祉施設で看護師の必要性というものはおおくなってきているのです。
そしてしっかりとした会社になるとなんと医務室に看護師さんをおいていて、健康面やストレスチェックなどのケアをやっています。

このような事象では、その会社に入社することもあり得るでしょう。

24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。

外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験を積む上でもほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。

個人的な話ですが、妻も看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって大変だった思い出があります。看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、育児との両立を目指す看護師にとって大きな不安要素となり得ます。子供の就学前であれば24時間保育を実施している保育所を利用したり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。
ですので、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方もかなりの割合で存在しています。

どうがんばっても、準看護師は手術室に入ることが不可能ですから、専門性の高い部署へ配属を希望する際はとても不利だといえます。
こういった感じで、準看護師と正看護師が異なる点は、勉強に費やす時間、試験の難しさなども違うでしょうけど、看護師になることが夢だったら、正看護師と考えることが一般的になっているみたいです。
不安や悩みを抱えている患者から見ると不安を解消し支えてくれる看護師の存在は本当にありがたいものです。
でも、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のある仕事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。

こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も多いそうです。

看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。
近年は労働者不足や高齢化によって来院者が増えたことによる影響で、看護師の1人当たりの負荷が重くなっているといわれます。
負担を減らすために、人が足りない病院に多少の余裕がある別の病院から看護師を回して、負担を解消したり、早急な患者への対応を目指しているのでしょう。看護士も看護師と呼ぶのも基本的には同じ職業のことを言います。違うところは、男性を以前は看護士、看護婦は女性のことをいうように性別で区分して名づけていたものです。
最近は、男性も女性も一緒に看護師と統一して、呼ばれています。

看護師になるための手段として、一般的に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。
授業の内容などはそこまで変わらないのですが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。その一方で、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習に多くの時間を割き、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。なんだかんだいって、看護師は安月給だし、夜の勤務もあることが多く、生活が大変そうだと思うかもしれません。
ですが、看護師の職業にもいいところはたくさんあるんですよ。

例えば、患者さんにありがたく思ってもらえることも多いです。その上、昨今では、自立した女性としての印象があって、婚活などでも大人気です。

看護師というのは今でも常に人手が不足していることが叫ばれています。

人手の不足を改善するには、看護師の資格がありながら看護の職業から離れている人に、再度、看護師として働いてもらうことが良いと感じます。柔軟な働き方ができるよう医療機関が悪い部分を改めていくことが重要です。日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的医療機関であれば、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それを支払ってもらえるでしょう。他方で個人病院の状況を見てみますと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、結局は院長先生の考え次第となるようです。
公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。
他はそうとも言えない、ということになるでしょう。日々、病院に伺うとどんどん患者さんがくるので、看護師さんは常に忙しそうにしています。

テキパキとこなしていたり、大声で名前を言ったり、患者さんに説明するなどと、しっかりしていなければこなせないすごく大変な職業だと思います。
とはいえ、その代わり、やりがいがある仕事だと思いました。

入院している知人の病室に、見舞いに行ったのですが、看護師が患者の対応に追われている姿を見かけたのです。患者の中には体が不自由なために、ナースコールに頼る人も多いのです。

看護師さんは、お見舞い客の立場でみる範囲でも、日々苦労が絶えません。
国外で助けを求めている人に、日本の医療を提供できたらと考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。実際に、海外において日本の看護師を求める声も増えていて、看護師は常に求められているのです。海外においては患者との円滑なコミュニケーションのために医学的な英会話ができる事が最低条件になります。
海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、きちんと英語を学んでおくべきです。ひょっとすると、看護師は医療ミスには関わっていない考える人がいると思われます。
まれに医師による手術の失敗がニュースになっていたりしますから。
ただし、注射をはじめ、点滴などのミスもあり、最もひどい場合、訴えられたりすることもあるのが看護師です。
端的にいって、正看護師と準看護師の最も違うところは資格の有無です。

正看護師は、国家試験で受からないと、正看護師とは認められません。かたや準看護師の仕事に就くには国家試験ではなく、各都道府県知事交付の資格です。
準看護師から正看護師に向かって指図することはできず、どうがんばっても、看護師長など上の役職に上がったり、指導をする立場にも立てません。病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りというものが必要になります。

担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、業務を行なう上で必要な事柄を勤務終わりの人が勤務始めの人に話します。大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話すことが大事です。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も当たり前のように期待されます。いつも看護師は笑顔を保つことが重要です。来院者は心が不安でいっぱいだったりすることもよくあります。笑顔の看護師さんをみると、抱えている不安を和らげることができます。
いつでもニッコリ笑って患者さんと接するように、心がけることが大事です。
ナースには精神的なストレスになることがたくさんあるものです。
ナースという仕事は非常に多岐に渡る業務があるため、人間関係に疲れきってしまうこともよくあるでしょう。給与が高くても、その分だけ、悩み事の多い職業ですから、辞めていく人も多い職場も存在します。
看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志願の根拠です。
どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはたやすくはありません。給与アップ、休日が増える等の労働条件のメリットを出すよりは、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、前向きな理由付けの方が好まれ、合格へ近づきやすくなります。

医療に関わる職種の中でも看護師という職業は特殊な仕事と認識されることが多いですが、やっぱり、労働組合のようなものがなければ状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。

職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、雇う側の立場の人間が、しっかりと気を配るということが重要だということは言うまでもありません。

看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。
病院以外の働き口も看護師には多く、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。

とは言え、メインで働いている職場の規定で副業を禁止、としていることもあります。また、その前に本業での看護師の仕事自体が、相当ハードなものとあって、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。